いちょうカレッジコミュニケーションコース 2回目

2015年10月10日/大阪市

テーマは「一方通行と双方通行のコミュニケーション」と「聞く態度」。一方通行と双方向のコミュニケーションを比較することでコミュニケーションの障害について学んだり、聞き手の態度が話し手や聞き手自身におよぼす影響について気づきを得ました。

【評価】(6点満点)どの程度満足しましたか 5.0


宝塚市子ども委員会サポーター研修

2015年5月9日/宝塚市

子どもの話し合い活動を支援する市職員、大学生サポーターの研修です。前半は、サポーター同士が知り合うためのアイスブレイク。後半は、子どもの話し合い活動に必要なスキルを学びました。



公民館応援隊のためのファシリテーション入門②

2015年3月6日/大津市

2回連続講座の2回目。今回は会議のファシリテーションを学んでいただきました。「思いがけずチームで盛り上がるタイミングがあり楽しく取り組めました」「会議の進め方が具体的で良かった」

【評価】(6点満点)

参加してよかった5.0 / 理解できた 5.2 / 今後役に立つ 5.1


まっcomスキルアップ講座①「上手な話し合いの進め方」

2015年3月2日/松原市

公民館の生涯学習人材登録者の研修です。「ただ漠然とした会議しかできていなかったので、今日の講座をもとにやっていきたい」「あー、そうそう、と思うことが多かった」

【評価】(6点満点)

参加してよかった5.6 / 理解できた 5.1 / 今後役に立つ 5.0


ストリートダンスコンテストのビジョンづくり会議①

2015年2月21日/伊丹市

「ストリートダンスコンテストin伊丹」の企画会議が始まりました。中学生から大人まで、ダンスの初心者からインストラクターまでの24名で、コンテストのビジョンづくりをしました。みんなの声を反映したビジョンになるように、一人ひとりの思いを聞き合いながら作っていきました。


楽しくてちょっと役に立つコミュニケーショントレーニング

2014年10月7日/大阪市

写真はカードに書かれた情報を元に課題を解決しているところです。カードには部分的な情報しか書かれていません。お互いに情報と伝えること課題を解決していきます。ペンを持って情報を整理する人、自分の主張を強く推す人、立ち上がって話してる人、いろんな係わり方を見ることができました。自分のコミュニケーションのあり方を見直すきっかけになったようです。


上手な話し合いの進め方

2014年9月20日/大阪市

会議の進め方を学んだ後、模擬会議で会議の進め方を体験していただきました。会議のお題は「親睦旅行の計画」です。ふり返りでは「初対面の方とも親しく話ができ楽しかったです。本当に旅行に行きたくなりました」という声が聞かれました。



お寺で人権啓発ワールドカフェ

2014年9月11日/大阪市

500年の歴史を持つお寺での人権推進研修会。日頃、人権推進活動に参加していない方も交えて、生活する中で感じていることをざくばらんに話し合っていただきました。人権というと距離があると思っていた方にも、少し身近に感じていただけたようです。


親子関係がぐっと良くなる聞き方のコツ

2014年6月23日/西宮市

西宮市では市内12の公民館で人権学習会が行われています。うち2つを担当させていただきます。主な参加者は幼・小・中学校のPTA役員の方です。参加者同士で「聞く」体験を通して、子どもの話を聞くことの大切さを学んでいただきました。


宝塚市子ども委員会サポーター研修

2014年6月1日/宝塚市

子ども委員会の活動を支援する市職員、大学生サポーターの研修です。子ども委員会は小学5年生から高校1年生までが一緒に話し合います。それぞれの思いが表現できるように支援するスキルを学んでいただきました。


大阪市生涯学習推進員研修

2013年11月29日/大阪市

来年度から推進員になる方と現在活躍されている方と一緒に研修をしました。写真は「良い組織」と「人とかかわる上で大切にしたいこと」について意見交換を行っているところです。

 


市民講座「日本一短い自分史をつくろう」

2013年11月05日/伊丹市

4回連続講座の初回。受講者同士の関係づくりです。受講者は、60代、70代。最高齢は87歳! おしゃべりや簡単なゲームで交流。「初対面なのに、2時間でこんなに親しくなれるとは」「次回、他に用事もあるんだけど、こちらに参加します」と感想をいただきました。


宝塚市子ども委員会

2013年6月30日~11月3日/宝塚市

ファシリテーターを担当しました。


みのおNPOフェスタ出展団体説明会

2013年6月16日/箕面市

みのおNPOフェスタ2013のキックオフ。一緒につくっていく出展団体のみなさん同士の関係づくりを担当しました。